最大100万円

補助金がもらえる!
小規模事業者補助金の書類作成はお任せください!

低感染リスク型ビジネス枠受付開始!

書類作成にお悩みはありませんか?

そのお悩みを弊社で解決できます!
御社は書類をご用意するだけ!

ABOUT

補助内容

補助率

低感染リスク型ビジネス枠:3/4

補助上限額

  低感染リスク型ビジネス枠:上限100万円

補助対象経費

低感染リスク型ビジネス枠: オンライン化の為のツール・システムの導入、ECサイト構築費など

対象者

・日本国内に所在する小規模事業者等であること

商業・サービス業:常時使用する従業員数5人以下
宿泊業・娯楽業:常時使用する従業員数20人以下
製造業・その他:常時使用する従業員数20人以下

・緊急事態宣言の再発令によって令和3年1~3月のいずれかの月の売上高が、対前年又は前々年の同月比で30%以上減少している

簡単なインタビューだけで複雑な申請業務が簡単にできます!

Company appeal

安心して任せられる理由

01 無料相談・業界最安水準

ご相談いただく上での料金は一切不要となっております。また依頼料金は業界最安水準になっております。

02 地方企業様含め全国対応OK!

日本全国の企業様にご対応が可能でございます。ご希望がございましたらリモートでの会議も受け付けております。

03 中小企業診断士・行政書士が監督

経営コンサルタントの国家資格として、ビジネスに関する幅広い知識やスキルを身に付けた中小企業診断士が監督するため安心して依頼できます。

04 認定支援機関と連携

必須要件である、認定支援機関の認定もワンストップで対応しています。

STEPS

01

ヒアリングフォーム回答・書類の準備

※御社で行う項目

02

申請書作成・提出

※弊社にお任せください

03

交付決定・採択通知

※弊社にお任せください

04

補助事業の実施

※交付決定日から実施期限
(2022年3月31日)まで

補助金の受給

INTERVIEW

導入事例インタビュー
補助金を通して様々な企業様をサポートしています

FAQ

よくある質問

持続化補助金は経産省の「中小企業生産性革命推進事業」という中小企業支援策に属する補助金制度で、今回紹介する「持続化補助金(新型コロナウイ低感染症リスク型ビジネス枠)」は、新型コロナウイルス感染症の流⾏が継続している中で、中小企業等がポストコロナの状況に対応したビジネスモデルへの転換に取り組む場合に、必要な投資に対する支援を行います。

引用:https://hojyokin-portal.jp/columns/aratanatokubetsuwaku

ポストコロナ社会を見据えた対人接触機会の減少に資するビジネスモデルへの 転換のため、飲食店が大部屋を個室にするための間仕切り設置を行い、予約制とするためのシステムを導入。

「持続化給付金」は、新型コロナウイルス感染症の拡大による営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を給付します。「持続化補助金」は、使途を限定しており、小規模事業者等が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を補助します。

⼩規模事業者等が販路開拓等の取り組みと同時に行う、ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、⽣産プロセスの導⼊等の取組みと、その取組に資する感染防⽌対策への投資が補助の対象となります。 ①販路開拓の取組等 新たな顧客の獲得につながる取組みを指します。具体的にはHPの作成やチラシの作成、店内のバリアフリー化、新商品の開発などが該当します。 ②ポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス 飲食店などがコロナ対応で新たにテイクアウトやデリバリーを開始する場合や、学習塾などがオンラインの授業を導入する場合などが該当します。 ③生産プロセスの導入等 生産プロセスを改善することで生産性が向上するような取り組みが該当します。 ④感染防止対策 消毒用アルコールの購入や、非接触型体温計、洗面所の増設などが該当します。 ※①及び②又は③若しくは②③両方の実施が必須です。

引用:https://hojyokin-portal.jp/columns/aratanatokubetsuwaku

設備の購入費や改装費、専門家の謝金やHPの作成依頼費など、取組みに必要な経費が広く対象と認められています。ただし、汎用性のある設備(自転車やパソコン、タブレット、スマートフォン、テレビ、ファックス等)については、これまで通りであれば対象外となる可能性が高そうです。

引用:https://hojyokin-portal.jp/columns/aratanatokubetsuwaku

全ての申請者
・補助金に係る申請書(様式 1)
・経営計画書(様式2)
・補助事業計画書(様式3)
・事業支援計画書(様式4)
・補助金交付申請書(様式5)
※政策加点を希望する場合は、希望する加点に必要な書類

法人の場合(特定非営利活動法人を除く)
・貸借対照表(直近1期分)
・損益計算書(直近1期分)

個人事業主の場合
・直近の確定申告又は(決算期を一度も迎えていない場合)開業届

特定非営利活動法人の場合
※公募要領でご確認ください。

さらに詳しい内容はこちらで確認できます。

お電話での問い合わせはこちらまでお願いします。

受付時間

10:00〜19:00
月曜日〜金曜日(年末・年始、祝祭日除く)