最大300万円給付!

創業助成金

面倒な書類作成は
弊社にお任せください!

書類作成にお悩みはありませんか?

そのお悩みは弊社で
解決できます!
御社は書類を
ご用意するだけ!

そのお悩みを弊社で解決できます!
御社は書類をご用意するだけ!

簡単なインタビューだけで複雑な申請業務が簡単にできます!

簡単なインタビューだけで複雑な申請業務が簡単にできます!

4 STEPS

01

ヒアリングフォーム回答

※御社で行う項目

02

申請書作成・提出

※弊社にお任せください

03

交付決定・採択通知

※弊社にお任せください

04

事業実施

※6ヶ月から最長2年まで

助成金の受給

FAQ

よくある質問

上限額300万円 下限額100万円
※ ただし、TOKYO STARTUP GATEWAY の法人設立時活動資金または東京都中\ 企業振興公社が実施するジニア創業促進事業の起業支援資金を取得された助成事業者は、相当額が助成限度額から減額されます。
助成率
助成対象と認められる経費の2/3以内 助成対象経費に助成率を乗じることで助成金額を算出します。

交付決定日(令和3年9月1日予定)から 6 か月以上2年が経過する日までの間で事業に必要な期間

助成対象経費の定義 助成対象経費とは、
下記①~⑥を満たすもののうち、助成金額の計算の対象になる経費のことを 示します。
① 申請を行った事業を実施するために必要な経費 申請書に記入していない事業は助成対象となりません。
② 賃借料、広告費、器具備品購入費、産業財産権出願・導入費、専門家指導費、従業員人件費に 当てはまる経費
③ 助成対象期間中に契約、履行(取得・実施等)、支払(分割払については全ての支払)が 完了した経費 (※)賃借料、従業員人件費に限り、交付決定日以前に契約した内容も対象になります。
④ 助成対象物の使途・単価・規模等が確認できる経費
⑤ 申請事業の実施に関わるものとして、他の事業と明確に区分できる経費
⑥ 財産の取得に関する経費の場合、所有権が助成事業者の方のものとなる経費

本助成事業に申請を行うためには下記4つの要件を全て満たす必要があります。
【申請要件1】
下記いずれかに当てはまる方
○都内で創業予定の個人の方
○都内で事業を行う、事業を初めてから5年未満の個人事業主の方・法人代表者の方
【申請要件2】
指定された18の創業支援事業のいずれかを利用し、所定の要件を満たしている方
【申請要件3】
申請を行う事業等が下記を満たしている方
○所定の年数以上事業活動を実施できること。
○助成対象期間内に事業を実施できること。・・・等
【申請要件4】
○納税地が都内であること。
○所定の要件に該当する助成金・補助金の 重複助成・補助を受けないこと。 ・・・等

自分の会社が対象になるか確認したい場合はお気軽にお問合せください。

問い合わせする

○ 個人事業主・法人の登記上の代表者として、通算 5年以上の 経営経験 がある方(海外での経営経験も含みます)

○ みなし大企業に該当する方

○個人開業医の方 

(医師または歯科医師等が、病院や保健所等で患者に対して医業を行う事業として、申請を行うことはできません) 

「創業助成事業」過去の採択情報について 過去の申請者・採択者数
年度 H29 H30 H31(R1)
申請者数 863 600 808
採択者数 115 151 152

 事業活動・納税 助成事業の完了した年度の翌年度から起算して5年間、下記の状態で事業活動を実質的に継続して実施していただきます。
 〈 5年間 下記の義務があります 〉
(1)事業活動・納税
(2)関係書類の保存
(3)企業化状況報告の提出(年に1回)
(4)収益納付(対象者のみ)
(5)財産の管理
(6)財産処分の承認

ご自身で申請するよりも約90%時間削減!
まずはお気軽にお問い合わせください!

ご自身で申請するよりも約90%時間削減!
まずはお気軽にお問い合わせください!

お電話での問い合わせはこちらまでお願いします。

受付時間

10:00〜19:00
月曜日〜金曜日(年末・年始、祝祭日除く)

Copyright ©️All right reserved by Realization.Co.Ltd